CSR(企業の社会的責任):トップメッセージ

200年企業を目指して
田中貴金属グループは新たな体制で船出します

新型コロナウイルスへの対応

 2020年4月より代表取締役社長執行役員に就任しました田中浩一朗です。このたびの新型コロナウイルス感染症に罹患された方々にお見舞いを申し上げますとともに、治療や感染予防にご尽力いただいているすべての医療関係者の皆様に心より感謝と尊敬の意を表します。
 田中貴金属グループでは、本社を中心として最大で9割の従業員が在宅勤務を行う一方、出勤が必要な場合も時差出勤やアクリルパーティション設置など感染リスク低減策を講じた上で執務を行っています。生産・開発の現場ではお客様への供給責任と共同開発責任を果たすために、また資産用・宝飾用事業の最前線では卸売・小売など貴金属流通の責任を果たすために、それぞれ感染回避の努力・工夫を重ねながら事業を継続してきました。
 さらに、新型コロナウイルス感染症の終結に向けて当社が保有する知的財産権を行使しない旨を宣言するとともに(「研究開発」参照)、新型コロナウイルス感染を早期に発見するための簡易検査キットの開発も進めています(「研究開発」参照)。この全世界が直面する未曾有の難局に対し、従業員とご家族の安全・健康を最優先に考えながら、当社の社会的責任を果たすべく今後も陣頭指揮を執ってまいります。

次期中期計画に向けて

 当社では2015年度より開始した6年間の中期経営計画である「GOGO計画2020」を推進しています。
 これまでの5年間で、社内カンパニー制の導入やメタローテクノロジーズインターナショナル社の買収ならびにシナジー創出などを進め、産業用事業における製販技のあらゆる面で効率化とグローバル展開を加速してきました。資産用事業では、お客様の利便性を高めた新しいネット積立口座「田中貴金属の純金積立」を開始しました。宝飾用事業では、田中貴金属を愛してくださるお客様の声にお応えし「金といえば田中貴金属=Back to the Gold」への原点回帰を打ち出しました。
 2020年度は現中期計画の最終年度ですが、集大成ではなくさらに成長・発展するための通過点と捉えています。そこで一年前倒しで社長交代をはじめさまざまな変革を打ち出しており、2021年度からの次期中期計画へつなげます。

※CSR報告書2021は、2021年9月発刊予定です。

GOGO計画2020

サステナビリティの追求

 田中貴金属グループは、創業以来絶えることなく貴金属地金のリサイクルを継続してきました。今日では全従業員が「地金はお金」を合言葉に、生産設備内はもとより作業服等に付着した極微量の地金も丁寧に回収しています。これら地金リサイクルの活動を定量的に評価し、独自の環境指標として「地金フロー図」「資源生産性」「循環利用率」を構築しました(「特集1 貴金属のリサイクル・ループによる資源生産性の追求」参照)。事業活動における直接材を1グラムも無駄にせず循環利用できることは、企業や社会のサステナビリティ(持続可能性)を追求する上で当社の大きな強みとなります。
 また昨年発行した「CSR報告書2019」では、冊子を石灰石由来の「LIMEX(ライメックス)」で印刷しました。従業員が読み終えた冊子を廃棄せずに回収した上で再生利用するアップサイクルを実現しました(「特集2 LIMEXの活用によるCSR報告書の再資源化」参照)。こちらは間接材であるCSR報告書の循環利用であり、今後も直接材・間接材を問わず事業活動のサステナビリティを追求してまいります。

200年企業、300年企業を目指して

 現存する世界最古の国は日本です。私たちの先人は疫病や戦争、飢饉などさまざまな艱難辛苦を乗り越え、二千年以上にわたって一度も途切れることなく歴史や文化を積み重ね、国家として持続してきました。つまり、世界で最もサステナビリティを実践してきた国であると言えます。
 一方、田中貴金属グループは1885年の創業以来、貴金属という魅力的な材料に創意工夫を重ねながら循環型ビジネスを確立し、2020年で創業135年を迎えました。一般的には2030年や2050年の長期目標を掲げる企業が多い中で、私は当社が創業200年を迎える2085年に向けた超長期構想を策定したいと考え、若手従業員による社長直轄のプロジェクトを立ち上げて自由闊達な議論を行っています。今年の秋頃に取りまとめ、来年度から始まる次期中期計画に反映させる予定です。今回策定する超長期構想を道標として、田中貴金属グループは200年、300年と社会的に有益な永続する企業を目指すとともに、引き続き「持続可能な社会」の実現に貢献してまいります。

代表取締役会長 田苗 明、代表取締役社長執行役員 田中 浩一朗

代表取締役会長

田苗 明

代表取締役社長執行役員

田中 浩一朗