制度・社風を知る教育研修制度

CULTURE

社員が安心して仕事に打ち込めるよう、充実したサポート体制を整えています。

新入社員教育について

「学びたい」という意識をサポート体制を整えています。
内定後の5年間を義務教育期間とし、様々なプログラムを通じて、TANAKA人としての基礎をしっかり身につけていきます。
内定後1年間は田中貴金属グループの歴史・事業、
ビジネスマナーなど基礎教育と技術・生産系各部門で実技を中心とした教育を行っていきます。
まずは現場を知ることからスタートし、
多くの経験を積んで田中貴金属グループの将来を担う人材に成長していってください。

新入社員教育体系

「学びたい」という意欲をバックアップするため、様々なプログラムを用意しています。
まずは現場を知ることからスタートし、多くの経験を積んで田中貴金属グループの将来を
担う人材に成長していってください。

※内定から入社2〜5年目までは義務教育期間

①導入研修

入社時に4泊5日程度で行なわれます。ビジネスマナーや当社の歴史、事業内容を学び、田中貴金属グループに対する理解を深めます。

②フォローアップ研修

入社後半年経ったあと、5日間行なわれます。グループの全新入社員が参加するので、他企業の業務内容を知ることができるほか、お互いに親交を深めることができます。

③リクルーター制度

若手社員自身が学生のリクルーターとなり、出身校の研究室・ゼミ・部活・サークルで会社説明会を行い、田中貴金属グループをアピールしてもらう活動です。このリクルーター活動を通じて、自社をより深く理解してもらいます。

④エルダー研修

新入社員の教育やフォローを充実させるため、数年年上の先輩社員が教育係(エルダー)となって実務指導だけではなく職場生活上の相談役も担う制度です。
その「エルダー」となる存在を育てる研修です。

⑤若手キャリアアップ研修

入社5年目社員を対象とし、自立したプロフェッショナル(自ら能力開発や自己成長に取り組む社員)となるために、自らのキャリアプランを明確にします。

モノ造り大学について

田中貴金属が長年の事業において蓄積してきたモノ造りの技術・技能を、入社時から段階を追って習得します。
新入社員は入門講座として3ヵ月間のカリキュラムを受講。
その後は入社2~3年目に初級クラス、さらに中堅・ベテランの年代で中級クラス、熟年伝承クラスに取り組みます。

モノ造り大学教育体系

モノ造り大学の教育体系とは、実際に触れ・現場でカイゼン。 本当の「モノ造り」を体感する。

2017年 新入社員第1班例 (全62日間)

3ヶ月間(61日間)

先輩の声

青木 悠介(あおき ゆうすけ)

所属部署|
田中貴金属工業株式会社 営業管理統括部 企画室 企画・人財G
(TANAKAホールディングス株式会社 CSR・広報本部 法務部で実習中)
出身学部|
文学部 人文社会学科

Q1.実際に入社してみての印象

縦横の繋がりが強い会社であるという印象です。縦の繋がりとしてはわからないことや不安な点について質問をすると、エルダーやジョブトレーナーの先輩方が細かく丁寧に教えてくれます。横の繋がりとしては同期と半年間同じ寮で生活したことで、勤務地が離れていても連絡を取り合い相談し合える仲になり、強い繋がりを感じています。

Q2.モノ造り大学の感想

基本的にモノ造り大学ではチームで様々な課題に取り組みます。チーム内には高校卒から大学院卒まで様々な年齢の個性豊かな人が混在していましたが、3ヶ月間、苦楽を共にすることができたので、同じチームの人たちとはモノ造り大学内だけでなく、プライベートでも接するような仲間になることができたと思います。

Q3.寮生活の感想

寮では相部屋の同期と生活リズムが異なっていたのでお互い配慮をしていた部分はあったと思いますが、学生時代の話や趣味の話等で盛り上がり、非常に親しくなりました。また休みの日は同期と外出し、楽しく過ごすことができました。現在は一人暮らしをしているので、同期と過ごしたことを「にぎやかで楽しかったな」と思い返したりもします。

Q4.半年の研修で成長したと思うことは?

特に成長を感じたのは時間を守る意識が芽生えたことです。学生時代に時間を守っていなかったわけではありませんが、社会人にはお客様と取り決めた納期があり、遅れるとお客様に、更にまたそのお客様に迷惑をかけてしまうため、責任感が学生時代とは異なることを実感しました。また、遅れだけでなくミスがわかった時点でその旨と原因を伝えなければならないことを学びました。

Q5.今後の抱負

営業として採用されましたが、入社以来、モノ造り大学、田中貴金属ジュエリー、平塚工場電子部品セクション、そして現在の法務部、とさまざまな部署で研修を受けてきました。それぞれの部署で学んだことを活かして成長し、いち早く一人前の営業となってTANAKAを支える存在になりたいと思います。

黒田 龍郎(くろだ たつろう)

所属部署|
田中貴金属工業株式会社 新事業カンパニー 技術開発統括部
出身学部|
創造理工学研究科 地球環境資源理工学専攻 応用鉱物学研究室

Q1.実際に入社してみての印象

皆が生き生きと勤務している印象を受けています。一方で、モノを造ることの難しさを研修で学び、本配属後も日々痛感しています。世の中に当たり前に流通する製品を、同じ品質で、早く、安く造ることに全部署が注力しています。研究室での開発とは一味も二味も違ったモノ造りの難しさを肌身で感じています。

Q2.モノ造り大学の感想

モノ造り大学では主に効率的な生産についての基本的な考え方をグループワークと実技を通して勉強します。モノを造る会社に仕事をする上で必須の知識を学べるため本配属後もすぐに実践できますので、非常に有意義な研修であったと思います。また、3か月間ともに過ごすチームのメンバーとは非常に仲良くなり、夏にキャンプにも行きました。

Q3.寮生活の感想

入社前、2人1部屋の生活は非常に不安でした。しかし、いざ始まってみると話は尽きず、たくさん笑った楽しい生活でした。また、同期だけでなく寮の先輩とも仲良くなることができ、非常に充実した寮生活でした。

Q4.半年間の研修で成長したと思うことは?

モノ造り大学でのグループワークを通して人と仕事をすることがうまくなったように思います。学生時代は1人1テーマで研究をしておりました。しかし、モノ造り大学では年齢もバックグラウンドも大きく異なるメンバーと助け合いながら1つの課題に取り組みます。その中で互いの長所・短所を尊重し、妥協なく議論することで1人では出しえない結果を出せるのだと学びました。

Q5.今後の抱負

研究開発をする部署に配属されましたが、教育の一環として生産現場で実習をしています。私が行う作業の一つ一つが品質を造りこむという意識を常にもって生産に携わりたいと思っています。また、いかに効率的に製品を生産できるかは研究開発に大きく左右されるので、生産現場の抱える問題点を一つでも多く持ち帰り研究開発に生かしたいと考えています。