お客様から信頼され、
存在感のある営業になりたい

石井 夏彦|田中貴金属工業/営業

お客様からのご要望が、
営業として成長できる糧となる

就職活動ではモノづくりの一端を担いたいと思いメーカーを志望していました。TANAKAを知ったのは、企業の合同説明会に参加したときのこと。お客様からのご要望に合わせて、製品をひとつひとつオーダーメイドで製造し、お客様に提案していくことに興味を持ちました。営業として、自ら考えてお客様へ最良のご提案をするという仕事が自身の成長の糧となると思ったことが、入社の決め手の1つです。

またTANAKAの製品は様々な工業製品に使用されており、多種多様なお客様と取引があるという点にも、非常に魅力を感じました。

現在は、自動車や半導体、化学など様々な業界のお客様に対して製品を提案しています。先輩や上司から引き継いだ既存のお客様へも積極的にアプローチしています。初めてお会いするお客様も多く、最初は話しやすい場づくりを常に心がけています。緊張感のある空気を和らげるために本題以外の軽い話題から入るように心がけ、お客様の好みや趣味が分かれば、より詳しい話ができるように事前に調べます。そうすることで、お客様との距離を縮めることができ、商談がスムーズになりました。

お客様の立場にたって行動し、
他部署との連携を強化

営業をする際に大切している事は、お客様の立場にたって行動することです。お客様からの問い合わせについては迅速に回答し、説明は簡潔・明瞭にお応えできるよう取り組んでおります。その姿勢が功を奏し、お客様から新規のご注文をいただけるようになりました。

以前、金額面で折り合いがつかずご注文いただけなかったお客様に、再度ご要望をお聞きしていたところ、お客様独自の経理条件が当社のやり方と合わなかったことが分かりました。社内で検討し、お客様の条件を考慮した見積もりを再度ご提案。その取り組みを認めていただき、新たなご注文もいただけました。

最近では、特殊な製品の注文も増え、社内の他部署とのコミュニケーションがとても重要になっています。特に私たち営業が受注した製品は工場との連携なくしては納入できず、工場のスタッフとはメールだけでなく、できる限り電話や工場へ訪問し会話をしてコミュニケーションを図るようにしています。新たなご注文が入ったときは必ず工場へ出向き、工場との良好な関係を構築するだけでなく、製造工程も理解でき、お客様からの質問にも的確にお応えすることで、信頼関係もさらに深めることができたと感じております。

TANAKAの顔として、
多くのお客様に信頼される存在に

社内はとてもアットホームな環境で、分からないことがあれば相談にのってもらえます。お客様とのやりとりや決定事項などをまとめた報告書を上司に提出していますが、何かあれば上司からフィードバックをもらえます。まだまだ営業経験が少ないため、自分では見落としてしまいがちなことも、その都度指摘してもらえるので着実に新たな知識が身につけられます。

TANAKAはお客様からは非常に信頼をいただいていると思います。お客様が価格面などでご相談がある場合は、当社にもお声がけをいただけますし、ご指名で注文をいただけることも少なくありません。そんなTANAKAの顔として、認めてもらえるようになることがいまの私の目標です。

TANAKAでは、貴重な資源である貴金属を有効活用できるように、製品の開発・製造だけでなく、貴金属の回収・精製~再製品化までトータルでサポートを行っています。営業としてその一端を担い、社会に貢献していることはやりがいですし、もっと成長して、お客様や社会から信頼され、一人前の存在感のある営業に早くなりたいです。