CSR(企業の社会的責任):信頼を築き続ける

CSRマネジメント

CSRの考え方

 CSR<企業の社会的責任>を果たすための活動を、日常業務から遊離した別ものとしてではなく、あくまでも業務の一環としてとらえて、実行することを目指しています。また、社是に示されているすべてのステークホルダー<利害関係者>に対する基本的な姿勢は、創業当時より一貫してCSR活動の支えともなっています。例えば、「地金はお金」に象徴される創業以来絶えることなく日常的に継続してきた地金リサイクル(「地球環境を守る」/「貴金属の有効利用」参照)はまさしく環境負荷低減活動となっています。社会貢献活動(「地域・社会への貢献」参照)に代表されるコミュニティへの参画、環境における生物多様性への対応(「地球環境を守る」/「生物多様性保全の取り組み」参照)などさらに日常業務へ取り込むべく推進活動を継続しています。

社是

創業以来130年を超えて、品質や生産性、技術力の向上にとどまらず、企業の社会的責任(CSR)を含めた企業活動の全てにわたる基本的な姿勢を「社是」として掲げています。

企業理念と行動指針

「社是」に示された基本姿勢のもと、貴金属業界の先頭に立ち、地球環境保全をはじめとする様々な事業継続活動を実行し、「ゆとりある豊かな社会」の実現に向かって行くことを「企業理念」に謳っています。また、「企業理念」を実現するにあたり、日常活動において心がけるべき5つの基本的な行動姿勢を「社是」とともに「行動指針」として掲げています。

行動憲章・行動規範

日々の活動の中で、社会的責任を果たし持続可能な社会に貢献するための企業行動原則を「行動憲章」「行動規範」としました。ISO26000の7つの中核主題に則り、国内法令の遵守にとどまらず、国際的に認められた基準も含めて尊重することを前提として定めています。また、本規範の遵守を管理するための適切なマネジメントシステムを構築しています。

田中貴金属グループ行動憲章
組織統治
説明責任と透明性を伴った、健全な事業活動を推進します。
人権
国籍、人種、性別、年齢、社会的身分、職制・職責等に関するあらゆる差別をなくします。
労働慣行
自由闊達な企業風土の中で、安全を最優先し、最高の仕事に取り組みます。
環境
環境保全を推進し、美しい地球の未来に貢献します。
公正な事業慣行
遵法精神に基づき、健全な事業活動を推進します。
消費者課題
お客様の信頼と期待に応え、心はずむ瞬間ときを提供します。
コミュニティへの参画及びコミュニティの発展
ゆとりある豊かな社会を目指し、地域社会の活性化に貢献します。
田中貴金属グループ行動規範
人権
  • 1)国籍、人種、民族、肌の色、性別、年齢、宗教、信条、社会的身分、家柄、財産、心身における障がいの有無、政治上の意見等による差別となる行為を一切行いません。
  • 2)児童労働および強制労働を一切行いません。
  • 3)若年労働者には適切な作業環境を提供します。
  • 4)適切な労働時間の管理と賃金の支払いを行います。
  • 5)いやがらせ、侮蔑、言葉による虐待、職務上の立場を利用した不当な強要(いわゆるパワーハラスメント)等の行為を一切行いません。
  • 6)相手および周囲の意に反した性に関する言動等(いわゆるセクシャルハラスメント)の行為を一切行いません。
  • 7)会社や個人に対する誹謗・中傷を行いません。
労働慣行
  • 1)人命尊重を最優先し、労働安全衛生に関する法令を遵守します。
  • 2)安全衛生に関する組織的・継続的な活動の重要性を理解し、積極的な参画を推進します。
  • 3)自己の業務に関わる危険性、心身への有害性を理解し、緊急時への備えを行い、訓練を実施し、事故、災害の未然防止に努めます。
  • 4)従業員の団体交渉および集会への参加の権利を尊重します。
  • 5)従業員に、適切な福利厚生を提供します。
環境
  • 1)環境法規制、地域協定及び社内ルールを遵守します。
  • 2)環境に有害な影響を及ぼす化学物質の管理の徹底と削減を推進します。
  • 3)省エネルギー、省資源化を進め、CO2排出量及び廃棄物の削減を推進します。
  • 4)水資源の適切な管理を推進します。
  • 5)「貴金属のリサイクル(再資源化)」に積極的に取り組みます。
公正な
事業慣行
  • 1)独占禁止法およびその他の公正競争を維持するための法令を遵守し、公正かつ自由な競争を行います。
  • 2)金品の贈与、接待、寄付金、政治献金の類については、法令及び社内ルールに従って適正に行います。
  • 3)贈収賄、汚職、強奪、横領を一切行いません。
  • 4)輸出入する貨物・技術については、国際条約、法令および社内ルールに従って適正かつ必要な手続きをとります。
  • 5)優越的な立場を利用した、取引条件の一方的な変更や購入強制等となる行為を行いません。
  • 6)知的財産権を尊重し、侵害しません。
  • 7)反社会的勢力及び武装勢力と関係する相手とは一切の取り引きを行いません。
  • 8)他企業との相互協力・信頼関係の構築に貢献します。
  • 9)営業秘密について会社ルールに従って管理・保護を行うとともに、営業秘密を他に漏らさず、開示せず、または無断で使用しません。
  • 10)会社の利益に反する個人の行為・行動等、企業倫理上問題のある行為を行いません。
  • 11)会社の資産(情報、製品、商品、備品、機器、消耗品、知的財産、ブランド等の有形・無形の資産等)を適正に管理し、不正・不当に使用しません。
  • 12)取引関係で入手した未公表の情報に基づくインサイダー取引を行いません。
  • 13)コンプライアンス違反防止のため、社内通報制度を設けるとともに、通報者に不利益が無いよう保護します。
消費者
課題
  • 1)製品・商品・サービスに適用されるすべての法令を遵守します。
  • 2)競争法や表示に関する法令等に違反しません。
  • 3)お客様、お取引先、従業員等から入手した個人情報を保護します。
  • 4)広告等においては、実質的、客観的な根拠に基づく表示を行い、虚偽・誇大な広告を行いません。
  • 5)製品の安全性、製品の品質を確保します。
  • 6)製品・商品・サービスの機能、特徴等に関する情報及び、正しい使い方、使用・利用上の注意等に関する情報を提供します。
  • 7)企業情報を開示して、経営の透明性を高めるとともに、企業の説明責任を果たします。
  • 8)誠実な営業活動・サービス活動を行います。
  • 9)過大景品付販売や欺瞞的な販売方法を用いません。
  • 10)会社の信用に関わる品質問題が発生した場合には、適正な対応を行います。
  • 11)お客様からの問合せ、苦情に対しては、社内ルールやガイドラインに従って対処し、適切なフィードバックを行い、問題の再発を防止します。
  • 12)利用資源の最少化、再生材料の活用、省エネルギーを図る製品・商品・サービスの開発に積極的に取り組みます。
コミュニティへの
参画及び
コミュニティの発展
学術研究、教育、環境保全、文化芸術活動、地域社会奉仕等の社会貢献活動を行い、地域社会との調和・共存を図ります。

制定日:2008年11月1日
改訂日:2016年10月1日