CSR(企業の社会的責任):第三者所感 ISO26000・SDGs対照表

【略歴】
横浜国立大学経済学部卒業、日本能率協会を経て淑徳大学国際コミュニケーション学部・経営学部教授。2014年退職しCCI研究所設立。専門は環境/CSRコミュニケーション、広報マネジメント。主要著書に『戦略思考の広報マネジメント』『三方よしに学ぶ人に好かれる会社』『環境コミュニケーション』『人にやさしい会社-安全・安心、絆の経営』『広報・PR概論』『CC戦略の理論と実践-環境・CSR・共生』『会社員のためのCSR経営入門』等多数。

清水 正道

筑波学院大学客員教授、CCI研究所代表。日本広報学会 経営コミュニケーション研究チームリーダー、日本パブリックリレーションズ協会会員、環境カウンセラー

 私は6年にわたり、TANAKAホールディングス株式会社の主要工場を見学し、スタッフの方々と意見交換を続けてきました。その上で、本書の完成直前の原稿を拝見し、今年とくに例年以上の強い印象を抱きました。2017年度版と比べて社員の声が増え、「人財」育成と現代経営「コーポレート・ガバナンス」体制によって「誠実な企業風土」づくりが進められていることです。


企業と社会がグローバル化する意味

 また報告書全編に流れる「現実を直視する」姿勢と「未来に向けた」視線にも注目しました。「トップメッセージ」から「TANAKAが創出する価値」にわたる記事においても、また安全・品質・環境保全や地域社会への貢献活動の記事にも現れていると感じました。市川工場の自動車用排ガス部品リサイクル事業は、世界地図を見ながら理解する必要に迫られました。それは、当社の社会的影響力が「現実」にも「未来」にも、グローバルに開かれていることを象徴するものではないかと思ったものです。
 私は、本誌原稿に登場するリスク、事業、提供価値、創出価値、地球環境、社会貢献、企業風土等多数の言葉に「グローバル」という文字をかぶせて読み込みました。もちろん一人の人間には限られた知識や経験しかありません。そのことを自覚しつつ、非常に幅広い事業を展開している当社の個別活動を、理性と情緒の両面で捉えてみようと考えました。
 最近、相次いで企業やスポーツ団体の不祥事が取り上げられています。その場にいた人が「何か変だ」と感じ、それを他の人々と話し合い投稿することによって、より多くの人々が「社会秩序が壊れる」という危機認識を共有する。そしてその輪が広がっていくことによって大きな社会問題となってしまう現象です。たとえ身近な、ちょっとした安全や品質、環境の問題であっても、今日のグローバル化した社会では、それが社会的問題として認識されて重大な企業リスクとして現れることが多くの報告によって明らかです。当社は「モノ造り大学」をはじめ人材育成に熱心に取り組んでいますので、さらに気づきを深めるような教育や職場のコミュニケーションを期待しています。


私たちの未来はすでに現実に

 気になる現実もあります。CO₂排出量や交通事故発生件数の数値です。10年間でみれば減少していますが、近代文明の産物である自動車のあり方をめぐる情報が連日のように新聞・雑誌を賑わせている状況を考えると、何らかの問題をきっかけとして、未来から現実が指弾されることは十分考えられます。技術的にも難しい課題ですが、これまで以上の削減努力を希望したいと思います。
 最近の報道で気になったことは、大企業経営者たちが製品スペックの不祥事を顧みて「社内コミュニケーションが不足していた」「人は信用しても、人の行動は信用しない」、あるいは「危機対応において大切なのは、すべてのステークホルダーを守ることだ」等と語っていることです。すでに未来が現実となりつつあるということではないでしょうか。


今日の気づきを明日の工夫に

 今日、デジタル革命の次に「マテリアル革命」が到来するとの認識が提示されています。当社の未来へ向けた可能性が一段と拡大しつつある中で、本誌冒頭で田苗社長が「グローバル企業に成長・発展させる」とともに、「よりグローバルにCSR活動を推進する」と語っていることに、非常に心強い思いがします。それは一人ひとりの社員の皆さまとともに、さらに歩を進める決意を示すメッセージです。本誌を手がかりに、ぜひ今日の気づきを明日の工夫につなげてくださることを期待します。

ISO26000・SDGs対照表

ISO26000の
中核主題
TANAKAの取り組み ページ SDGs
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17
組織統治
リスクマネジメント活動/事業継続計画(BCP) P20                                
コーポレート・ガバナンスと内部統制/取締役会(取締役)/グループ経営委員会 P21                                  
監査役会(監査役)/内部監査部 P21                                  
人権
責任ある鉱物調達への取り組み P11                              
働き方改革 P18                                
エンゲージメントサーベイ P19                                  
コンプライアンス推進体制 P20                              
社内通報制度 P21                                  
ハラスメント研修 P21                                
労働慣行
安全活動/衛生活動/皇居ウォーキング P17                                  
人材育成 P18                                
CSR通信活用ブック P19                                  
環境
貴金属はすべて循環させる/地金はお金
サーキュラーエコノミーの実現に向けて/RE:TANAKAリサイクル
P08                              
環境マネジメントシステム P12                        
環境異常撲滅活動 P12                            
CO₂排出量削減の取り組み/太陽光発電の導入/ベスト省エネテーマ発掘賞 P13                            
産業廃棄物排出量削減の取り組み P13                            
環境
消費者課題

気候変動の緩和と水素利用への期待 P06                            
水電解用電極触媒の開発/燃料電池の可能性とFC触媒開発センター/TANAKAが提供する燃料電池ソリューション P07                            
貴金属技術の医療分野への活用 P09                                
公正な
事業慣行
知的財産権の創出と保護 P09                                  
CSR評価への対応 P11                          
消費者課題
QMSによる品質管理活動/公認審査会社(グッド・デリバリー・レフリー) P10                                  
顧客からの評価 P11                                  
個人情報管理の推進 P21                                
コミュニティへの参画及び
コミュニティの発展
貴金属に関わる研究助成金 P14                                
愛の絆 桜の植樹135 P14                                
障がい者スポーツ支援 P15                                
「高専ロボコン」協賛/人材育成・文化芸術の発展 P15                                
寄付・募金活動/スポーツ振興活動/地域清掃活動 P15                                  

田中貴金属グループのCSR活動と、SDGs(Sustainable Development Goals = 国連の持続可能な開発目標)との関係を対照表に示しています。

「CSR報告書2017」アンケート結果