CSR(企業の社会的責任):信頼を築き続ける

一人ひとりの活躍

多様性を増す従業員の一人ひとりが輝ける職場環境づくりは、
田中貴金属グループの将来にとって欠かせません。
多様な従業員が活躍できるよう、さまざまな切り口から職場環境の整備に取り組んでいます。

働き方・休み方改革と多様な従業員の活躍

 田中貴金属グループでは、多様な従業員がそれぞれ生き生きと働ける職場環境づくりを目指しています。その一環として、働き方や休み方の見直しと改善に、複合的なアプローチで取り組んでいます。

年次有給休暇

 2019年4月から施行された「働き方改革関連法」における「年次有給休暇5日以上の取得」を2018年度からグループ全体で推進しています。2019年度の達成率は100%となりました。

介護と仕事の両立支援

 従業員が介護と仕事を両立できる職場環境の整備のため、さまざまな取り組みを実施しています。

  1. 法定を超える制度
    【介護休業】
    要介護状態にある家族1人につき365日取得可能です。
    【介護短時間勤務】
    勤務時間は原則6時間、本人の希望により5時間まで短縮可能です。
  2. 相談窓口の設置
    社内外に相談窓口を設置し、介護に関する従業員の相談に対応しています。
  3. 従業員への情報提供
    従業員が介護に直面する前から介護に関する情報を得られるよう、年齢別研修での冊子の配付や社内イントラネットでの情報提供を実施しています。

TOPICS
くるみん認定取得(田中貴金属グループ4社)

 「子育てサポート企業」として、厚生労働大臣から認定を受けました。次世代育成支援対策推進法に基づき、行動計画を策定した企業のうち、計画に定めた目標を達成し一定の基準を満たした企業が認定されます。引き続き、くるみん認定継続に向けて取り組んでいきます。

認定会社:TANAKAホールディングス株式会社 / 田中電子工業株式会社 /日本エレクトロプレイティング・エンジニヤース株式会社 / 田中貴金属ジュエリー株式会社

田中貴金属工業株式会社は、現在認定に向けて取り組んでいます。

子育てと仕事の両立支援

 従業員が介護と仕事を両立できる職場環境の整備のため、さまざまな取り組みを実施しています。

  1. 法定を超える制度
    【配偶者出産時の特別有給休暇】
    配偶者が出産した場合、入院・退院・届出に充てるため、特別有給休暇を3日間取得することが可能です。
    【育児休業】
    原則1歳6ケ月(条件を満たした場合は最長2歳)まで取得可能です。
    【育児短時間勤務】
    小学2年生の4月15日まで適用可能です。
    勤務時間は原則6時間、本人の希望により5時間まで短縮可能です。
    【育児休業】
    小学2年生の4月15日まで取得可能です。

  1. 男性の育児休業等取得促進
    配偶者が出産した従業員とその上司へのリーフレット配付や、役職者研修での冊子の配付を通じて、育児に関連する会社制度の周知および制度を利用しやすい雰囲気づくりに取り組んでいます。
    男性の育児休業取得者は2016年度以降増加傾向となっています。2019年度には過去最多の16人が育児休業を取得するなど、取り組みの成果が少しずつ表れています。
    今後も従業員の子育てと仕事の両立支援に向けた取り組みを拡充します。

●育児休業取得者


  • 上司用リーフレットには、本人の希望に応じた制度利用を促す記載があります。

TANAKA NOW

 2人目が産まれた時に妻が実家から戻ってきたタイミングで1ヶ月の育児休暇を取得しました。1人目の子どももまだ小さく、2人の子どもの育児の負担を少しでも軽くできればいいと思ったのですが、慣れない育児に悪戦苦闘しました。
 育児の大変さが身にしみたとともに今しかない子どもの成長を見ることができ、貴重な経験となりました。
 育休を取ることで家族と過ごす時間が増えて、復帰後は家族のために仕事を益々頑張ろうと思うようになりました。

田中貴金属工業株式会社
事業管理統括部 生産技術部 リーダー
千蒲 悠平

千蒲 悠平

障がい者雇用

 障がい者雇用を強化するために、障がい者採用イベントへの定期的な参加のほか、各工場・事業所では地域の養護学校から職業実習の受け入れを積極的に行っています。また、採用した方には職場適用援助制度(ジョブコーチ制度)を活用して就労の定着を図っています。

グローバル採用

 グローバル化に向けて、外国籍従業員の採用も行っています。採用後、日本での生活に早く慣れるよう、来日の際の送迎や、日本での事務手続きなど、生活に関するさまざまな支援を行っています。また、会社指定語学研修制度があり、日本語教育を受講することができます。

定年退職者の再雇用

 高年齢者雇用安定法に基づき、62歳の定年を迎えた従業員が引き続き勤務を希望した場合、継続して勤務することができます。再雇用契約の期間は原則1年間とし、会社と従業員の双方の合意によって契約を更新します。再雇用の限度年齢は原則65歳としています。

人材育成

 田中貴金属グループでは、従業員一人ひとりの成長が組織全体の活性化につながるよう、新入社員から役職者まで体系的な教育プログラムに沿って計画的な人材育成を行っています。全部門共通研修である「ジャンプアップ35セミナー」「バイタル45セミナー」はこれまでの自身のキャリアを振り返るとともに、今後の目標を策定することでさらなる飛躍・活躍を目指す研修です。同時に当社グループの同年齢の従業員が一堂に会することから新卒入社・中途入社にかかわらず横のつながりを醸成できる場でもあり、お互いに刺激し合うよい機会になります。また、貴金属の知識や技術向上のための「貴金属基礎・技術基礎教育」や「QCとQE講座」も開講しています。

●教育プログラム

メンタルヘルス

 従業員の心の健康管理を重要事項と捉え、人間関係を含む職場環境改善を進めるとともに、メンタル不調者の早期発見等幅広い取り組みを行っています。
○相談窓口
 主な事業所の健康管理室に看護職が常駐しており、従業員は心身の健康相談ができます。また、電話やメールによる相談窓口を外部に設置し、 従業員とその家族も利用することができます。従業員が個別に面談やカウンセリングを受けることも可能です。
○ストレスチェック
 2016年度より全従業員を対象にストレスチェックを実施しています。従業員が自身の心の状態を確認するとともに、集団分析によって職場ごとに健康総合リスク評価を行い職場環境の改善につなげています。具体的には、職場のコミュニケーション向上を目的としたアサーション実践プログラムを実施しています。

CSR通信

 CSR活動の社内コミュニケーションツールとして2012年4月よりCSR通信を毎日発行しています。2020年4月には1900号を超えました。ISO26000の中核主題に沿った「組織統治」「人権」「環境」「労働慣行」「コミュニティへの参画」などのテーマごとにCSR推進部の担当者が分担して作成しています。CSR推進部から各工場・事業所の各部門に毎日メール配信し、各部門では職場の掲示板や食堂などに掲示しています。2018年にはCSR活動の啓発教育などへ利用できるように、発行済みのCSR通信から抜粋して1冊にまとめたCSR通信活用ブックを作製し、各部門へ配付しました。100号ごとにデータ更新を行い、1000号ごとに冊子の追加・更新を行います。

CSR通信を食堂などに掲示 CSR通信活用ブック

TANAKA NOW

 「半年もったら合格かな。」当時の社長の言葉に思わず「なにくそっ!」と、もちろん心の中で叫んだ。やるからには続ける。とにかく、まず10年。「やるからにはきちんと形を整えてやろう。」これは当時の部長。まずはフォーマット、書式から。書式デザインの作成を広報・広告部にお願いした。誰が、どうやって作るのか。毎日交代で担当者を決めてパワーポイントのスライド1枚を作成する。CSR推進部って何やってるの?そもそもCSRって、何?そんなところを出発点に、CSRとは、CSR推進部にはどんな人がいて、どんな仕事をしているのか。安全、環境、コミュニティ、組織統治、ISO26000の中核主題をまさに仕事の中核に据えていることから話題のとっかかりを探し出した。そして今、CSR=企業の社会的責任、事業継続、これは何か特別なことをするのではなく、企業活動のすべて、モノ造りから、間接業務まで日々の活動そのものが、見方を変えればCSR活動なのではないだろうか。そんな思いに至っている。創刊から8年、1900号を経過して、あれから10年が見え始めている。まさにコツコツと続けてきた到達点であり、きっと経過点でもある。これからもCSR通信をよろしくお願いします。

TANAKAホールディングス株式会社
サステナビリティ・広報本部 CSR推進部
山本 信夫

山本 信夫