CSR(企業の社会的責任):信頼を築き続ける

誠実で健全な企業であるために

法令を遵守するだけでなく、社会倫理に照らして正しい事業活動をグローバルに展開するための取り組みを、グループ全体で継続的に推進しています。

コンプライアンス

 田中貴金属グループ行動憲章・行動規範に則り、従業員ひとり一人が行動することによって、法令遵守はもとより社会倫理に沿った公正で健全な事業経営を進めています。
 社内通報制度を設け、法令違反や不正行為等の未然防止ならびに早期発見・是正を図るとともに、リスクマネジメント委員会で決定した重要リスクへの対応計画の実行、内部監査部による社内監査、コンプライアンス教育などにより法令遵守の徹底を図っています。

コーポレート・ガバナンス

 田中貴金属グループは、健全で透明性の高い経営を実現するために、経営に対する監視の仕組みを充実させ、常に効率的で競争力のある企業となることを目指しています。
 また全てのステークホルダーの皆様の権利と利益を尊重し、適法かつ適正な業務執行および会計等を実現するためにコーポレート・ガバナンス体制を構築し、内部統制基本方針を定めています。この体制と基本方針に基づき取締役会・グループ経営委員会・監査役会・内部監査部がそれぞれの役割を果たしています。

●ガバナンス体制図
ガバナンス体制図

リスクマネジメント推進体制

 田中貴金属グループでは、TANAKAホールディングス代表取締役社長執行役員を最高責任者、サステナビリティ・広報本部長を委員長とするリスクマネジメント委員会を設置しています。年2回開催されるリスクマネジメント委員会では、リスク評価、リスク対応状況の進捗確認、対応すべき重要リスクの決定と対応指示を行っています。同委員会で決定した重要リスクは、個別リスクを管理する各委員会または担当部署がリスク対応計画を策定し、計画に基づきリスク対応策を実行しています。

●リスクマネジメント推進体制図
リスクマネジメント推進体制図

事業継続計画(BCP)

 田中貴金属グループでは、自然災害などにより事業が中断した場合でも速やかに操業を再開し、お客様に製品・サービスの安定供給を図るため事業継続計画(BCP)を策定しています。2019年度も継続して国内全工場、本社部門、海外工場2拠点においてBCP訓練を実施しました。また、自然災害が発生した場合の従業員の出社、自宅待機等の対応基準を見直し、対応マニュアルの改定を行いました。今後も継続してBCP訓練を実施するとともに、事業継続計画を見直すことでさらなる対応力向上に努めます。

BCP訓練(田中先端有色金属材料(寧波)有限公司)
BCP訓練(田中先端有色金属材料(寧波)有限公司)

人権の尊重

 田中貴金属グループは、「田中貴金属グループ 行動憲章・行動規範」において、国籍、人種、民族、肌の色、性別、年齢、宗教、信条、社会的身分、家柄、財産、心身における障がいの有無、政治上の意見等によるあらゆる差別をなくし、児童労働や強制労働を一切行わないことを宣言しています。また差別やハラスメントなどの行為を防止するための社内教育を行い、相談や違反を通報できる制度を設け、是正を図っています。通報者は不利益を受けないよう厳格に保護されています。さらに、移民労働者に対しては、採用にあたり労働者から登録料や手数料を徴収しないこと、身分証明書、パスポートまたは労働許可証、ビザ等は本人が保管することなど、労働者の人権に配慮するための手順を定め配慮しています。

ハラスメント研修

 当社グループでは2014年度から「ハラスメント研修」を役職者向け・一般社員向けと内容をきめ細かく分けて実施してきました。2019年度からは企業の中で起こり得るハラスメントに広く対応すべく研修内容を見直し、身近な事例やケーススタディなどを取り入れて実施しました。

コンプライアンス教育

 コンプライアンス意識の向上と不正行為の防止を図るため、国内・海外駐在員およびナショナルスタッフの役職者を対象として、社内通報制度、独占禁止法遵守、個人情報保護などをテーマに、2018年10月より「e-ラーニング」を実施しています。2020年5月現在で役職者を中心に約400名が受講しました。なお、今後は営業担当者全員と新任役職者を対象にe-ラーニングによる教育を実施する予定です。

社内通報制度

 2019年度の社内通報は合計で7件ありました。
 全ての案件につき、社内通報制度規程に基づいて通報者保護と守秘義務を確保し、適正に対処しています。

安全保障貿易管理についての取り組み

 国際的な平和および安全を基盤として世界中のお客様に製品やサービスをお届けするグローバル企業にとって、国際協調に基づく適正な輸出管理は欠かすことのできない責務となっています。田中貴金属工業(株)は、外為法等法令に則り、独自の「安全保障貿易管理規程」(CP)を定め、経済産業省に届出ています。当社は、TANAKAの製品や技術が国際テロ犯罪や核兵器・生物化学兵器等に転用されることを防ぐための慎重な輸出管理を行うとともに、域外適用により事実上全世界に規制が及ぶ米国輸出管理規則(EAR)などについても常にその動向を把握し適切な対応に努めています。

AEO認定輸出者としての取り組み

 田中貴金属工業(株)は、税関当局から認められた特定輸出者(AEO認定輸出者)として、貨物、輸送、敷地等の安全性の確保、内部監査、委託先管理、税関・社内の連絡体制、教育体制などのコンプライアンス体制を整備するとともに、信頼性の高いセキュリティのもとで製品提供を行っています。

特定輸出者承認書

個人情報管理の推進

 田中貴金属グループでは、個人情報管理規程に基づき、個人情報を「個人のお客様の個人情報」「法人のお客様の個人情報」「社員等の個人情報」の3つのカテゴリに分類して管理を行っています。特に「個人のお客様の個人情報管理」に関しては、ISO27001(情報セキュリティマネジメントシステム)の認証を取得し、適切な情報管理を推進しています。また、半年に一回開催する個人情報管理委員会において管理状況の確認および継続的改善を進め、個人情報漏えい事故の防止に努めています。