CSR(企業の社会的責任):誠実で自由闊達な企業風土

コンプライアンス、リスクマネジメント
コーポレート・ガバナンス

法を遵守するだけでなく、社会倫理に照らして正しい事業活動をグローバルに展開するための取り組みを、グループ全体で継続的に推進しています。


コンプライアンス推進体制

 法令を遵守することはもとより、企業倫理に沿った公正で健全な経営を実践しています。コンプライアンスに関する問題や外部からの情報はCSR・広報本部に集約され、弁護士、コンサルタント及び社外の専門家からの指導・アドバイスを受けながら、是正措置を行い、再発防止策を田中貴金属グループ全体に展開しています。

●コンプライアンス推進体制図
コンプライアンス推進体制図


リスクマネジメント活動

 企業活動において直面する様々なリスクに対応するために、定期的にリスクアセスメントを行いリスクの低減に取り組んでいます。半年に1回開催するリスクマネジメント委員会では、グループ全体のリスク対応状況を総括しています。


事業継続計画(BCP)

 2018年2月に首都直下型地震発生を想定したBCP緊急対策本部訓練を実施しました。今年度は夜間・休日(就業時間外)に大地震が発生した場合の対応を重点に、社長はじめ各経営幹部が対応策や改善策について検討を行いました。訓練で抽出された問題点・課題は計画的に改善・実行しています。


BCP緊急対策本部訓練(TANAKAホールディングス(株)本社)


コーポレート・ガバナンスと内部統制

 田中貴金属グループは、健全で透明性の高い経営を実現するために、経営に対する監視の仕組みを充実させ、常に効率的で競争力のある企業集団となることを目指しています。  またすべてのステークホルダーの皆様の権利と利益を尊重し適法かつ妥当な業務執行、適正かつ透明な会計等を実現するための企業経営を行うことを目的に、コーポレート・ガバナンス体制を構築し、内部統制基本方針を定めています。この体制と基本方針に基づき経営目的の達成に向けた内部統制システムの中で取締役会・グループ経営委員会・監査役会・内部監査部が確実にそれぞれの役割を果たしています。

●取締役会(取締役)
 変化の激しい経営環境に効率的に対応すること、及び経営責任を明確にするためグループ各社の取締役の任期は1年としています。TANAKAホールディングス(株)の取締役会は、自らはもとよりグループ全体の業務執行に関する基本方針を決定します。また各社取締役会は、重要事項の決定のほか業務執行状況につき報告を受けることにより、取締役の業務執行を監督します。

●グループ経営委員会
 グループ全体に関わる重要事項やグループ各社間の調整が必要な事項に関し、取締役会における審議・運営を円滑に行うために、グループ経営委員会にて各事項の審議・裁定・調整・承認を行います。またグループ各社の社長が出席することから各社の活動報告並びに情報共有を目的の一つとします。

●監査役会(監査役)
 TANAKAホールディングス(株)は、監査に関する重要な事項について報告を受け、協議を行いまたは決定するため、監査役全員による監査役会を設置しています。監査役は主に取締役の業務執行を監視する役割を担いますが、経営の客観性を確保するため監査役のうち一名以上は社外から選任されます。

●内部監査部
 内部監査部は、公正かつ独立した立場からグループ各社の業務の効率性や適正性を評価・検証し、経営層に提言する役割と責任を負っています。また監査役会や会計監査人と定期的に意見交換を行う等相互連携を確保しています。


社内通報制度

 コンプライアンス強化に関する取り組みのひとつとして、また、法令違反や不正行為等の早期発見と是正を図るために社内通報制度を設けています。「社内通報委員会」に入った通報は、内容を公正に検討した上で、必要な場合には調査し、法令違反や不正行為等の事実を確認した場合には、当事者や関連部署に是正措置を講じるように指示します。なお、通報者は不利益な取扱いを受けないよう厳格に保護されます。


個人情報管理の推進

 田中貴金属グループでは、個人情報を「個人のお客様の個人情報」「法人のお客様の個人情報」「社員等の個人情報」の3つのカテゴリに分類して管理を行い、特に、「個人のお客様の個人情報管理」では、ISO27001の認証を取得し適切な情報管理を推進しています。


ハラスメント研修

 パワーハラスメント、セクシャルハラスメント、マタニティハラスメント等の人権侵害防止のため、2014年度から「ハラスメント研修」を実施しています。2017年度は一般社員向けの研修を国内全拠点で行いました。(合計1,657名が受講)。この研修ではLGBTの方への理解も深めました。

※レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー

TANAKA NOW

 輸出貿易管理室は、TANAKAの製品や技術が国際テロ犯罪や核兵器・生物化学兵器等に転用され平和が脅かされることを防ぐための安全保障貿易管理、及び航空輸送の安全を確保しつつスムーズな輸出通関を実現するための航空保安・AEO認証制度を管理する専門部署として活動しています。関税法・外為法等の国内法令遵守に加え、米国政府による海外企業への二次制裁の影響等も注視しながら、TANAKAの信頼を下支えする活動に精一杯努めていきます。

田中貴金属工業株式会社
管理部 輸出貿易管理室 室長
米川 隆史