田中貴金属グループ:情報セキュリティ方針について

情報セキュリティ方針(情報セキュリティへの取り組み)

情報セキュリティ方針

 TANAKAホールディングス株式会社及びグループ各社(以下、当社といいます。)は、貴金属のリーディングカンパニーとして世界中のお客様からの信頼にお応えするとともに、社会的な要請および当社の継続的・安定的な事業活動に資するため、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)を構築し、情報資産を脅威から保護することを宣言します。そして、この「情報セキュリティ方針」は、当社が取り扱う情報資産に対して適切な保護対策を実施するための指針とします。

  1. 当社は、情報セキュリティに関する法令又は規制の要求事項、契約上のセキュリティ義務、情報セキュリティに関する社内規程を順守します。
  2. 当社は、お客様に関わる情報資産および当社の情報資産を保護することの重要性を全社員が理解し、情報資産の機密性、完全性、可用性の確保に努めます。
  3. 当社は、情報セキュリティマネジメントシステムの構築・運営の為の委員会を組織し、情報資産に対する不正な侵入、紛失、改ざん、破壊、漏洩、利用妨害などが発生しないように、リスク対応計画を策定・実施し、情報セキュリティ向上のためのPDCAサイクルを確実に実行します。
  4. 当社は、定期的な監査や必要なレビューを実施し、マネジメントシステムの運営を監視します。また、継続的に、情報セキュリティマネジメントシステムを改善するとともに、全従業員に対する教育活動を実施します。
  5. 当社は、万が一、情報セキュリティ上の問題が発生した場合、適切かつ厳正に対処し、被害の拡大を防ぐとともに、迅速な原因究明及び再発防止に努めます。

以上

2015年1月5日(制定)
改訂 2015年10月1日
TANAKAホールディングス株式会社
代表取締役社長執行役員 田苗 明