CSR(企業の社会的責任)

いま“ブラサカ”が熱い!

田中貴金属は、
日本ブラインドサッカー協会を応援しています。

視覚障がい者のためのサッカーは2種類あります。全盲の選手がプレーするブラインドサッカーと、弱視の人がプレーするロービジョンフットサル。ゴールキーパーは、どちらも目の見える人が務めます。視覚障がい者と健常者が力を合わせてプレーするため、「音」と「声」のコミュニケーションが特に重要です。

田中貴金属グループは日本ブラインドサッカー協会(JBFA)のパートナー、ブラインドサッカー女子日本代表スポンサー企業として、協会主催の国内試合、国際試合の応援を始め、“ブラサカ”の啓蒙と普及のために、様々な形でその活動を応援しています。
※ブラサカ=ブラインドサッカー

日本障がい者スポーツ協会(JPSA) オフィシャルパートナー ブラインドサッカーの魅力

ブラインドサッカー情報や、大会スケジュールは、日本ブラインドサッカー協会HPでご確認ください。
http://www.b-soccer.jp/

田中貴金属は、日本ブラインドサッカー協会を応援しています。