CSR(企業の社会的責任):自由闊達で誠実な企業風土

CSRと経営の基盤

田中貴金属グループは、健全で透明性が高く、かつ全てのステークホルダーの立場を尊重した経営を維持していくための仕組みを構築・強化しています。


コーポレート・ガバナンスと内部統制

 健全で透明性の高い経営を実現するために、経営に対する監視の仕組みを充実させ、常に効率的で競争力のある企業集団となることを目指しています。
 また、全てのステークホルダーの皆様の権利と利益を尊重し、適法かつ妥当な業務執行、適正かつ透明な会計等を実現するための企業経営を行うことを目的に、コーポレート・ガバナンス体制を構築し、内部統制システムの基本方針を定めています。この体制と基本方針に基づき、経営目的の達成に向けた内部統制システムの中で、取締役会・グループ経営委員会・監査役会・内部監査部が、確実にそれぞれの役割を果たしています。

■コーポレート・ガバナンス体制図
コーポレート・ガバナンス体制図

●取締役会(取締役)

 変化の激しい経営環境に効率的に対応するため、及び経営責任を明確にするため、グループ各社の取締役の任期は1年としています。TANAKAホールディングス(株)の取締役会は、自らはもとよりグループ全体の業務執行に関する基本方針を決定します。また、グループ各社の取締役会は、重要事項を決定するほか、業務執行状況について報告を受けることにより、取締役の業務執行を監督します。

●グループ経営委員会

 グループ全体に関わる重要事項やグループ各社間の調整が必要な事項に関し、取締役会における審議・運営を円滑に行うために、グループ経営委員会にて各事項の審議・裁定・調整・承認を行います。また、グループ各社の社長が出席するため、各社の活動報告並びに情報共有も目的の一つとしています。

●監査役会(監査役)

 TANAKAホールディングス(株)は、監査に関する重要な事項について報告を受け、協議を行い、または決定するため、監査役全員による監査役会を設置しています。監査役は主に取締役の業務執行を監視する役割を担います。

●内部監査部

 内部監査部は、グループ各社の経営目標の効果的な達成に役立つことを目的として、公正かつ独立した立場から、業務が適正かつ効率的に実施されているかを評価・検証し、経営層に提言する役割と責任を負っています。また、監査役会や会計監査人と定期的に意見交換を行うことにより、相互連携を確保しています。